HOME 診療案内 所在地 診療姿勢 施設案内
むしば 歯周病 こどもの治療 入れ歯 矯正治療 顎関節症 レーザー 感染予防

 

保険の義歯

自費の義歯

自由診療(自費)の義歯

健康保険で作成が認められる義歯は設計や材料の選択肢が狭く、金具を使わない義歯や厚みの薄い違和感の無い義歯を作る事が出来ません。保険の義歯に不満で自分の体の機能の一部を回復させる義歯にちょっと贅沢を・・とお考えの方は自費の入れ歯にもチャレンジされてはいかがでしょうか?
■ 磁性アタッチメント
  (部分床義歯)

保険で使用されているクラスプの替わりに支える歯を磁石にくっつくように加工します。さらに義歯側に小型の磁石を埋め込み義歯を支えます。金属のクラスプを使用しないので金属部分が外から見えません。また支台となる歯に対して横の力を逃がすので支台歯のストレスを軽減します。結果として残っている歯が長持ちします。

症例

■ ルシトーンFRS
(全部床義歯、部分床義歯)

従来のレジン床(プラスチック)に比較して非常に軽く、コシのある素材を使用して義歯を作成します。またクラスプも同じ素材を使用するので金属を全く使いません。非常に軽いので上顎の全部床義歯にもっとも適しています。部分床義歯としても審美性にすぐれ、アタッチメントを使用しないので支台歯を加工しないで見えないクラスプをかける事ができます。

症例1
症例2