HOME 診療案内 所在地 診療姿勢 施設案内
むしば 歯周病 こどもの治療 入れ歯 矯正治療 顎関節症 レーザー 感染予防

 

歯列矯正

歯列矯正Q&A

さわやかな若者の笑顔が素敵なのは白くのぞく口もとです。このさわやかな笑顔が歯並びの悪い口もとを手で隠したものならどうでしょう。歯・口もとというものは目立たないようで、実は最も目につくところなのです。顔の中で鼻から下のイメージは歯並びによってかなり変化いたします。欧米人は子供が生まれたらまず、「歯の為の預金通帳を作る」とまで言われています。それほど歯に関する意識が高いのです。また、歯並びを改善する事により将来「虫歯」「歯槽膿漏」「顎関節症」などの様々な病気にかかる可能性を軽減いたします。これからの子どもたちに口もとのコンプレックスを与えず、輝かしい将来の活躍の場をお与えください。そのためにもここでもう一度あなたのお子さん、そしてあなたの歯を見直してみませんか?歯並びは確実に治せるものなのです。

叢生(乱杭歯・八重歯) 叢生とは歯の幅経の総和と顎の骨の大きさのアンバランスから引き起こされる不正咬合です。治療の為にこのアンバランスを改善する必要があります。 PHOTO
上顎前突(出っ歯) 上顎前突とは上下の歯の位置のずれによって引き起こされます。通常歯の傾斜を治す事で治療が行われますが、重度の上顎前突の場合外科的なアプローチを併用する事があります。 PHOTO
下顎前突(うけ口・反対咬合) 下顎前突とは上下の歯の位置のずれによって引き起こされます。通常歯の傾斜を治す事で治療が行われますが、重度の上顎前突の場合外科的なアプローチを併用する事があります。下顎前突の場合早期治療(6歳〜)が遅れると外科治療(骨切り)が必要になってしまう可能性が高くなりますので早期診断早期治療が重要です。 PHOTO
開口 前歯部が被蓋(上の前歯が下の前歯をカバーしていない、隙間が空いている)していない場合を開口といいます。口呼吸により鼻の病気にかかりやすい事が知られています。また麺類等の食事が不便になったり、奥歯の開口では重度の咀嚼障害が引き起こされます。 PHOTO
部分矯正 不正咬合は早期診断をお勧めしています。第一段階の診断は6歳前後に行います。早期治療が必要な不正咬合を放置すると後になって治療が困難になったり、外科治療が必要になったりしますので注意しましょう。  
矯正装置の種類 いろいろな装置を適材適所に使用することで最適な矯正治療を行います。 PHOTO