HOME 診療案内 所在地 診療姿勢 施設案内
むしば 歯周病 こどもの治療 入れ歯 矯正治療 顎関節症 レーザー 感染予防

 

むしば(C0・C1)

むしば(C1〜C4)

虫歯ができる原因は?

1 歯垢(プラーク)中の細菌の繁殖
2 ミュータンス菌(虫歯菌)がプラーク中に多く含まれている場合ミュータンス菌が糖類を分解し酸を放出します。
3 ブラッシング等でプラークを除去できない部分の持続的酸の放出により、 歯の表面のエナメル質が脱灰し、エナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶出します。表面のエナメル質の部分に限局した脱灰はフッ素等の使用と徹底的なブラッシング指導により再石灰化される場合があります。この状態の虫歯をC0と表記されます。再石灰化とは一度溶出したリン酸カルシウムが再びエナメル質に結合されることで、フッ化カルシウムとしてエナメル質の強化、保護にも寄与していることが知られています。
図解