HOME 診療案内 所在地 診療姿勢 施設案内
むしば 歯周病 こどもの治療 入れ歯 矯正治療 顎関節症 レーザー 感染予防

 

歯周病(初期)

歯周病(中期末期)歯周病(治療)

歯周病はプラーク(歯垢)の中で繁殖した様々な歯周病菌によって引き起こされる歯の周囲の組織の病気です。初期症状は歯茎からの出血や口臭等で病気が進行するにつれて歯と歯茎の間から膿みが出て来たり歯茎が腫れたりします。歯周病の進行によって歯を支える骨が溶けて歯が揺れてくると末期症状に移行してゆきます。歯周病の怖いところは自覚症状があまり無く、腫れても2〜3日で腫れが引いて痛みもそれほど強くもないので放置してしまうところにあります。歯を支える骨(歯槽骨)が溶けると治療しても元の骨のレベルまで引き上げる事が困難なので初期症状の段階で歯周予防処置を適切に行うことが非常に大切です。
歯周病の始まりは歯肉炎です。歯茎のみの軽度な炎症に限局され、痛みもありませんが歯と歯茎の周囲に付着したプラーク中の細菌によって赤くなった部分に歯ブラシを当てると出血が起こります。適切なブラッシングを行い、歯石等を除去する事で約3日で治ります。