HOME 診療案内 所在地 診療姿勢 施設案内
むしば 歯周病 こどもの治療 入れ歯 矯正治療 顎関節症 レーザー 感染予防

 

歯周病(初期)

歯周病(中期末期)

歯周病(治療)

歯肉炎を放置しておくと歯周炎に移行します。放置されたプラーク(歯垢)や歯石の歯周病菌によって、歯の周囲の骨の破壊が徐々に進行していきます。この段階で痛み等の自覚症状は無く、ブラッシング等でたまに出血する程度でゆっくりと歯周病が進行してゆきます。
外見上の歯肉のレベルは十分にあると見られるが歯周ポケットが深く、レントゲンによって周囲の骨の破壊が認められます。
歯の周囲の骨の破壊が進み、歯の動揺(ぐらつき)が見られます。