子供の治療howtoeat_6.png

小児歯科といっても、同じ歯を治療するわけですから基本的には一般歯科と変わりありません。小児歯科の特殊性は相手が子 供(1才〜12才位まで)と言うことで多少の違いはあります。どちらかというと虫歯の予防対策に力をいれるべきなのでしょうか。丈夫な乳歯を育てること が、健全な永久歯の育成へとつながるのです。乳歯が顔を出したときには、すでにあごの中では永久歯も育ちはじめているのですから、わたしたちの平均寿命も どんどんのびて、一昔前と比べると、何と30年近くも余分に同じ歯を使わなければならなくなってきています。おとしよりになって、丈夫な自分の歯をもち、 楽しい食生活を続けることの喜びはなにものにも代え難いものになるでしょう。howtoeat_1.png

小児歯科の特殊性boy_resistance.png

  • 乳歯の下には永久歯があり、乳歯の根はいずれ吸収される。
  • ちょっとしたことで恐怖感を覚え、恐怖が潜在意識となり易い。
  • 乳歯は永久歯より歯質が軟弱な為、虫歯の進行が早い。
  • 乳歯の歯髄は永久歯のそれより知覚が緩慢。
  • 治療中の突然の大きな動き(身体の)に注意が必要。

妊娠中からすでに子供の健康管理は始まっています。以下の事項に注意し、健康な生活を送りましょう。dental_parent_and_child.png